2015年06月28日

ANTIQUE LEIBL(1)

進行中の作品があるけど、ちょっと浮気心発令中〜

ラベルを手がけたデザイナーの気分に浸りながら
フランスの香水ラベルの模写を楽しんでいます。

ANTIQUE LEIBL010201.jpg

これは先日アップしたラベル。

ANTIQUE LEIBLa0101.jpg

そしてこちらが今の状況♪

構図、色、基本的に悩む必要がなく
ラベル原紙をどう再現するか?
この一点に集中できるのでサクサクと作業が進みます。
つい、気を良くして2つのラベルに手をつけてしまいました。

ANTIQUE LEIBL0250001.jpg

追加して手をつけたラベルがこちら。

ANTIQUE LEIBLa0201.jpg

そして、これが状況〜

模写がコンセプトだけど、自分色を加えるかどうするか
ちょっと悩み中だったりしています。

:.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.:
LUPOPO blog
Facebookページ *grand jete*
https://www.facebook.com/grandjete10
Twitter
@grand917jete
posted by shinobu at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

”EAU DE COLOGNE BOUQUET”(1)

プライベート制作では、パリで取材してきた風景をメインに描いています。
それとは別に、色々と試してみたいなと思っているアイデアがあります。
例えば、その内のひとつが、アンティークラベルやポストカードの模写です。
私の作風とアンティークの風合いが、マッチするのか?
興味ありませんか?(わたしだけ?)

いくつか進行している作品があるのだけど、ちょっと中休みして
アンティークラベルの模写に、取りかかろうと思います。
途中経過もアップできたらと思いますので、お楽しみに!

20150618103204149.JPG


最初の模写にピックアップしたのは、
フランスの香水会社の『Jn. Giraud Fils』のラベル。
フレンチマルシェで、この瞬間のために、こっそりゲットしていました!!

”EAU DE COLOGNE BOUQUET”

こちらの会社は、1853年〜1900年まで『Jn Giraud Fils』
それ以降が『J. Giraud Fils』と名前が変わっているそうですから、
このラベルは1800年代後半のモノと思われます。

実はこの頃のパリにとても興味がある私。
タイムマシンがあったら、こっそり覗きに行きたい〜


今ほど印刷技術が発展していなかったでしょうに
プロダクツのラベルとは思えないほど、丁寧な作りをしたラベルですね。
縁取りは、なんちゃってゴールドではなく、
ゴールドの施しがきちんとされています。

さて、このアンティークの風合いが、私の作風とコラボした時
どんな風になるのか?

吉とでるか?

それとも、凶?

凶とでたら、アップしないかも、、、なんてね〜
:.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.: :.:
LUPOPO blog
Facebookページ *grand jete*
https://www.facebook.com/grandjete10
Twitter
@grand917jete
posted by shinobu at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする