2011年01月15日

パリのテーブル 13/5/2009

0013826.jpg


今日の1枚は、地味にコレ♪

スーパーやマルシェでの買い物、毎日楽しんでいますが
やっぱり年なんでしょうかね?
オイルやバター味が数回続くと、胃がシクシクしてきます。涙、、、
だけど、お腹は空く。

そんな時に作るのがコレっす。
ある意味、パリ版裏メニューって感じですか?

どんな料理よりもご馳走だと感じる私は、
日本人なんだな〜とシミジミ想う瞬間です。

DNAはウソをつけない。

〜〜 メニュー 〜〜
たまごのおかゆ
posted by shinobu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 *2009 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

パリのテーブル 14/5/2009

0013836.jpg


麺好きのワタシ。
パリの自炊生活では、パスタ、中華麺など良く食卓に上がります♪
だけど、うどん、そば、そうめん、ラーメン、、、 
日本代表格の麺類達はなかなかね、、、。
日本食材のお店もあるから手に入れようと思えばできるのですが、
うさん臭い出所の怪しいやつか、え〜〜マジっすか?って
唸りたくなるほどの高級食材に昇格しているかのどちらかなので、
つい敬遠してしまいます。

で、思ってみた。
うどん捏ねてみようかと、、、。
日本でもやったことないのにね(笑)

早速スーパーに行って、パッケージのおしゃれな小麦粉買って
ネットで調べたうどん作りしてみたは良いけど。
なんか上手く行きません。やっぱり見た目で小麦粉を買ってもダメみたい。
きちんと目的別にチョイスしないと。ひとつお勉強をしました。

そして、その日食卓にあがったメニューがこれっ!
マルシェで手羽先買って、じっくり煮込んで、ドイツ製の醤油で味付け。
我が家のおふくろの味です。

真ん中に鎮座している黒い物体、なんだか分かりますか?
SHITAKEですよ〜
スーパーでもマルシェでもよく見かけます。なかなか高級品で
こちらの高めのキノコ類並のお値段です。
確か30ユーロ/kg弱はするのかな。
この頃のレートを考えると1キロ 4900円ぐらい。
100グラムでも500円近くする換算になります。

フランスにお嫁入りした、でも、フランス生産だけど椎茸を試しに買ってみた。
日本の椎茸より、椎茸の臭いが強くて、お〜〜〜って驚いたけど
臭いが強くても椎茸は椎茸でした。(笑)
さて、パリお初の手づくりうどんは、、、
うどんと言うか、すいとん的な感じです。
見た目を除けばお味はお墨付きなんですけどね。

〜〜 メニュー 〜〜
ホワイトアスパラのカクテル風
鶏の手羽先うどんすき風煮込みうどん

〜〜 材料 〜〜
*うどん
*鶏手羽先
*しいたけ
*にんじん
*大根的役割のかぶ
*ほうれんそう
*ほんだし
*醤油
*塩
posted by shinobu at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 *2009 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

パリのテーブル 27/5/2009

0014065.jpg


異国の地にいると和の味も恋しいけど、
中の味もふるさとの味を思い出させてくれて、ホッとする味だったりします。

近くのスーパーでも和の食材コーナーが、
かなり怪しげなパッケージに納められて鎮座していたりしますが、
これらを買うのにはかなり勇気がいるので、いつもチラ見して大抵はスルー。

私は13区にある中国系のスーパーに足を運んで、
ドイツ製のキッコーマン醤油、ごま油、オイスターソースとかキクラゲ、
玉子麺を調達するのが習慣になっています。

ドイツに工場があるって時点で、醤油はもうグローバルな調味料なんだな〜
とシミジミ。

この乾燥の玉子麺安く(10玉/1ユーロ弱)保存がきく上、美味しい。
パスタにちょっと飽きて、日本を彷彿させる麺が食べたくなった時に活躍します。
他に海老麺というものがありますが、なんか海老の殻の味しかしなくて
えびせん的な風味期待していたけど、完全に期待はずれ。
2回目の購入はたぶんないでしょう〜(笑)

で、これらの食材や調味料をもとにして、望郷への想いを馳せる料理がこれ!

中華やきそば パリ風って感じ。
醤油ベースの焼きそばなので、和&中の焼うどんできな味とでも言いましょうか、
私好みの味付けでございます。それもそのはず、私のオリジナルだからね、、、

そしてモヤシが手に入った時は、モヤシも投入します。
その時はあまり熱を通さずシャキシャキ感を残すのがコツです。

〜〜 メニュー 〜〜
中華やきそば パリ風

〜〜 材料 〜〜
*玉子麺
*玉ねぎ
*ベーコン
*きくらげ
*えび
*にんにく
*コショウ
*唐辛子
*塩
*オイスターソース
*醤油
posted by shinobu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2009 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

パリのテーブル 1/6/2009

0014098-02.jpg


パリの独り身の短期生活での自炊は色々と工夫も大切だったりする。
外から帰って来て、保存の効く材料でかつ手間があまりかからない料理。
こんな料理がありがたい!!

そして、東京でもよくつくるパスタがこれ。
東京版はキャベツ、ベーコン、アンチョビが主役。
塩味がベースなので飽きもこないしなかなかいける。

そして、パリ版になるとキャベツがズッキーニに変わって、
これにドライトマトのオイル漬けが入る。

このドライトマトのオイル漬け、そのまま頂いても旨いっ!
料理しながらついついつまんでしまうのが悩み、、、かなぁ〜(笑)

〜〜 メニュー 〜〜
アンチョビとズッキーニのパスタ
ブロッコリー

〜〜 材料 〜〜
*パスタ ※Barillaがおススメ!
*ズッキーニ
*ベーコン
*アンチョビ
*ドライトマトオイル漬け
*にんにく
*コショウ
*唐辛子
*塩
posted by shinobu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2009 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

パリのテーブル 22/5/2009

0014017.jpg


パリの食卓によく登場するのがブロッコリーとアボカド。
手頃な値段で、かつ調理しやすく、栄養価が高い。
ブロッコリーは、パリ生活で口内炎に悩まされた時に活躍した野菜。

盛りつけのセンスがないのが、、、イマイチですが。
今見るとパリでの生活が思い出される〜

〜〜メニュー〜〜
*ブロッコリー バルサミコソース添え
*アボカドとエビのマヨネーズ
*ベーコンとチーズのオムレツ
posted by shinobu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 *2009 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。