2008年02月03日

ラヴィオリ・ド・ポール

20080203-76.jpg

Le Journal 3 fevrier 2008
さて、ここ数日、大騒ぎしている、毒入り餃子問題。
本当に中国は恐いと思う…
でも、料理としての中華は、私は好きです。

パリでも随分、中華味にはお世話になりました。
13区にある中華スーパーにはよく通ったし、
いつ行っても本当に混んでいたなぁ〜

もともと、中国の食品には不安を持っていたので
抵抗はかなりあったけど、背に腹は変えられず、
随分、お世話になりました。(笑)

生鮮食品はフランス国内モノのB級品と言った感じでしたが、
鮮度に関しては別に問題は感じなかったな。
でも、買ったキノコの缶詰の封を開けたら、塩素系の臭いがひどくて
結局食べずに捨てたことがあったりました。
今思うと、捨てて良かった〜と思う…
あれは、マジやばいよ!

写真の肉まんは、中華のスーパーの前にある
お惣菜を売るお店で売っていたものです
1つ、1.20ユーロでちょっとしたおやつには最適でした。
お肉以外にもゴロゴロと色々と入っていて
楽しめました。
オーソドックスで素朴な一品だけど、
外国暮らしにはこう言う味がありがたいのです。
posted by shinobu at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2007 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

花のある生活♪

20080128-75.jpg

Le Journal 28 janvier 2008
自分の好きな食器達を並べて…
おいしい料理があって…
おいしいワインがあって…
気心の知れた人達と楽しい時間を過ごす。

憧れます♪

しばらくは、ただの憧れでしかないようだけど
いつか実現するといいな〜

その時のための予行練習でもないけど
パリ滞在中、atelier Tigeの久美先生の所で
クリスマスのテーブル・デコのレッスンに行ってきました。
お金をかけなくても、ちょっとした工夫をするだけでも
十分楽しめるんですね。
あくまでも模擬なので、そこにはシャンパンがなかったのは残念ですが(笑)

今、花にとっても興味が湧いている私です。
きっと、何度かアトリエに通っているうちに影響を受けたのでしょうかね?
もっと、久美先生からパリジャンと花についてのお話を、聞かせてもらいたいです。

まずは、身近な自分の部屋を片付けて、お花を飾るところから始めましょうかね!
posted by shinobu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2007 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

魚屋デビューよ〜

20071218-61.jpg

PARIS JOURNAL 18 december, 2007

日本にいる時は、あまり神経質になることなく、
鮮度のことなど差ほど気にしないで
普通に鮮魚の買い物をする私も、パリではどうも遠慮気味です。

フランスと言えばやっぱり肉文化でしょうし、
日本のように四方海に囲まれているわけではないから、
「鮮度の良い魚が、なかなかない」
これは、今となっては、昔話なんだろうと思うけど…
異国の地に来てお腹を壊すのはね〜と思うわけです。

だからボンマルシェのような高級店に行っても、魚は遠くから拝見程度…
でも、マダムが新鮮で比較的安く手に入る、マルシェを教えてくれたので

今日、行って来ました。
日本で見かけるムール貝は「グロくない?」と思うほど黒々として、大きいけど
こちらで、この季節よく見かけるムール貝は大変コンパクトです。

先日、マダムが少しお裾分けしてくれたのですが、とても甘くておいしかった〜
あの味をもう一度味わいたくて、怖いなんて言っている場合じゃないと
マルシェのそれも、お魚屋さんではじめてのお買い物です♪

お昼頃行ったのだけど、平日ということもあるのでしょうが、
かなりお客さんもまばらで、すんなり買えました。
「ボンジュール! ムール サンソングラム シィル・ヴ・プレ!」ってな感じです♪
単語を並べただけだけど、これで十分伝わります〜
感じの良い相手なら、あとは笑顔をプラスすれば、気持ちのいい買い物が出来ますよ!

あっ、そうそう、
最後に
「メルシィ!」
「オヴァール」(←これをカタカナ表記にするのは非常に難しいぃ〜)
を付けることをお忘れなく!
posted by shinobu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2007 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

パリのネット・カフェ情報

最新版![2007.11.1 現在]

milk internet hall
毎日24h営業。日本語表示、入力可能。

CA&RI TELEMATION
日本語表示、入力可能。スタッフ日本人
******************************
l’espace VIVENDI UNIVERSAL
凱旋門近くにあるサイバーカフェ。インターネット利用が無料!⇒サービス終了

茶場ねっと
パリで日本語インターネット。料金はちょっと高め、、、⇒2007年9月末で閉店
****************************
Sumibi.org
世界の果てから漢字変換!
Sumibi.orgはローマ字を日本語に変換できる、
今すぐ使える無料サイトです。

**おまけ!**
海外仕様の環境で日本語が入力可能になっている場合の日本語入力方法
良かったら参考にしてください。

画面の右下にある《FR》をクリックし《JP》にする

《JP》のアイコンを選んで、マウスを右クリック
Restaurer la barre de langue'(言語バーの復元)を選ぶ。

言語バーが表示されるので、入力方法を選ぶ(ひらがな、カタカナ等)
特にフランス語の場合、キーボードの配列が多少違います。
だから慣れるまでは戸惑うかも。
posted by shinobu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2007 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

グラタンを作ってみた

20071127-42.jpg


PARIS JOURNAL au 27 november, 2007

パリの冬の空はとても気まぐれで、
日差しが多くて、温かい日もあれば、
曇り空で、どんよりと寒々しい日があったりと
その週で随分違います。
今週はちょっと寒い週かな、、、
寒くなると、温かいものが頂きたくなります。
だからグラタンを作ってみました。

グラタンと言えばもちろん、こちらヨーロッパが本場ですが
日本でグラタンと言えばマカロニ・グラタンがポピュラーですよね!
こっちでマカロニ・グラタンなんて言ったら
「邪道じゃ〜」と言われてしまうのかな?

折角おいしいバターと生クリームがあるので、ベシャメルソースから手作りをして
たまねぎ、鶏肉と大きなマッシュルームをふんだんに使いシンプルに作りました。
ホワイトソースのお料理は、素材の旨みを楽しむ、お料理と思うので、
焦がさないように、十分に旨みを出すことに気を使いながらね!

お味は、、、子供の頃から慣れ親しんでいる、懐かしい味がして
心も体もほっとして、とても美味しかったです。
次回は是非、本場のグラタンを作ってみようかな〜

付け合せのサラダはpetitmgrandbさんのお家で頂いた
プロバンスハーブを使った温野菜のサラダです。
posted by shinobu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 *2007 PARIS* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする