2011年06月04日

はじめてのひとり暮らし*お買い物編[2]*


***********************************************


ひさしぶりの“はじめてのひとり暮らし”の更新です。
今回はお買い物パート2です。
お国変われば…あたり前があたり前にならないエピソードのご紹介です。

スーパーで品定めをする時に是非注意してほしいことがあります。
それは当てずっぽうに陳列された商品の後ろの方に
並んでいる品物をカゴには入れないこと!特に生鮮食品には注意です。

ある日の買い物の時、わたしは牛乳を買おうとしました。
フランスでは常温の牛乳とチルドの牛乳があります。
今でこそ常温専門のわたしも、はじめの頃は高くても
チルド牛乳買っていたものでした。
いつもの習慣でつい冷蔵庫の後ろの方に
手を入れて牛乳をカゴに入れたのだけど…
なんとなくイヤな予感が…
牛乳の日付を見てびっくり!!
賞味期限だか消費期限だかわからんけど、
期限が切れてます!それも何日も!!!!
ウソでしょっ!
期限切れの牛乳を売るんですか?おフランスでは…

まっ、100歩譲ってたまたまの事故だったしてもね〜
これ以来パリで買い物をする時は
日付をちゃんとチェックするクセがつきました。
あっ、この事件以来何度か牛乳の品出し風景を目撃したことあるけど、
ほとんどが新しい商品を前に、前に並べていきます。
だから売れ残り商品は後ろへ後ろへ… 当然ですね。
たしかにね、早く品出しはできるし、
ラクだけど、それは違うだろ!とわたしは言いたい。

みなさん、パリのスーパーでのお買い物時は
きちんと日付確認するようにしましょうね。
異国の地でお腹を下すのはとても辛いと思うので。

つづく

* ::**::*::**::*
なかはししのぶWeb Site
grand jeté
posted by shinobu at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のキヲク*巴里編* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

はじめてのひとり暮らし*TGVに乗って地方に出かけよう♪[1]*

パリが好きな私でも、そろそろ、パリだけではなく地方にも
出かけてみたいな〜って思ったりします。

よく母に「どうして、そこまでパリに執着するの?」と聞かれるけど
実は、答えは簡単!!!
言葉に自信がないから、パリより外に気が向かないでいただけ、、、。

でも、月単位で滞在するようになると、
さすがにどこかに出かけてみようかな!って考えるようになるわけ。

基本、貧乏旅行な私なので、余分なお金をかけないで〜って考えるんだけど、
こうなると実は何でも必然的に自分で手配はすることになる。
フランス語と対峙しながら、解読の必要が出て来る、、、。
このストレスが良いのかどうなのか、
たまに分からなくなることもあるけどね。

お金をおしまず、楽して旅をするか。
お金をかけずに、時間と手間をかけて旅をするか。
まぁ〜 どちらが良いのかそれは個人の判断に任せるにことにして、
私の経験が何か参考になればいいなと思って書くことにします。

これから書くことは、私の経験にもとずくものなので、
そのところを予めよろしくです♪

フランス国内を鉄道で移動する時、TGVかSNCFの選択肢があると思います。
TGVは言わずと知れた新幹線、SNCFは国鉄の在来線と言った感じでしょうか。

SNCFは基本、目的地までの切符を買えば、どのダイヤにも乗車できますが、
TGVは別。
完全予約制であり、さらに全席指定なのです。
別になんてことない感じするでしょ?でもね、
時にこれが面倒な時もあるのよね、、、
(それはまた別の機会にね)

さて、TGVの予約と切符の購入方法、これは大きく3つあるかな。
@ 街中にあるSNCFブティックで買う。
A国鉄駅の窓口で買う。
BWebサイトで買う

切符の予約と購入はこんな感じですかね。
私は、@とBを試したことがあります。
Aは窓口に並べば順番は来るけど、そこにやって来る人は、
まさに今出かける人とかもいて、
なんか気持ち的に落ち着かないので試したことはありません。

旅人のメリットは、一日時間が自由になるところだったりするでしょ?
だから、何軒かのSNCFブティックに目を付けて、
さらにその中から、買いやすそうな雰囲気のお店に目星を付けて、
あまり混まない時間帯をねらってお店に行きます。
なぜここまで作戦を練るかというと、店員さんがイライラしていなければ、
たどたどしいフランス語でも、意外と優しい対応をしてもらえるからです。

なぜ、ここまでこんなことに執着するのか!!!

フランスは決して、お客様は神様大国ではないのです。
店員の気分次第で接客対応も変わるから、、、
まして言葉が十分でないと、露骨にいやな顔をされることもあります、、、。
こっちはドキドキでいるのにね、、、

そんな時に悪いサービスを受けるとさすがに凹むから、、、

だから、笑っちゃうけど、これはとっても大事なことだと思っている。
特にパリみたいな都会は余計なんじゃないかな。
地方はきっとフレンドリーな人多いと思うけどね。

つづく

* ::**::*::**::*
なかはししのぶWeb Site
grand jeté
posted by shinobu at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のキヲク*巴里編* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

はじめてのひとり暮らし*お買い物編*

パリを歩いていると、こちらで言う所のコンビニは
100%お目にかかりません。その代わり(かどうかは別にして)
スーパーマルシェはいたる所に発見できます。
パリ生活の楽しみ方であげられるものに、決まった曜日に近所に立つ
マルシェでのお買い物でしょうが、言葉に自信がなく、
フランス人と対面して買い物をするほど、ハードルの高いものは、
スーパーで必要な物をカゴに入れてレジで会計をするシステムに
慣らされている私には、興味はあってもなかなかチャレンジのできるもの
ではありません。(きっぱり言い切れるっ)

だから、ちょっと無機質と思いつつ、夜遅くまでオープンしている
スーパーマルシェで買い出しを済ますことがほとんどです。
パリ生活は、毎回滞在場所が異なるのでお決まりの
スーパーマルシェではなく、チェーンは同じでも店舗が
ことなることがほとんどですが、だいたいMonoprix(モノプリ)
かFRANPRIX(フランプリ)のどちらかで買い物をしていますね。

お店の規模の大小に関わらず、こちらのスーパーの入口には
大抵、ガタイのイカツイセキュリティの人がどっしっと構えているので、
いつも一瞬、入店をひるんでしまいます… (笑)
でもここで動揺を悟られたら余計にまずかろうと、
何くわぬ顔でいつも強行突破(?)するんだけど、
実は内心かなりドキドキだったりする。
「そこのマダム、ちょっと待って!」って引き止められてもね〜 
困るでしょぉ〜(汗)

で、無事入店を済ませたら、カゴを手に取ってお目当ての商品を入れて行く。
そしてレジに向かう。これは古今東西同じですね、

でも、はじめの頃びっくりしたのが、この人万引きでもしているの?
って光景を目にした時でした。
エコバックとはっきり分かる場合もあるけど、
えっ、普通のバッグ?って時もあり、あるいはカートタイプの
お買い物バッグだったり、本当に様々ですが、
みなさん決まって、商品をバッグにドンドン押し込めて行く。
店員さんも別に見て見ぬ振りって感じだし、、、 
いったいどうゆうこと?

この疑問は、レジに行った時あっさりと解決!
バッグに押し込んだ商品を全て、レジ台に並べて、
さらにこのバッグにはもう何も入っていないよんって、
バタバタとバッグの底を見せるジェスチャーをすればOKなんですよね。

私もいつかあんな風に買い物してみたいな〜と思っているけど、
買い物カートを調達するのも大変だし、
エコバッグにダイレクトに入れるのはまだ抵抗がある、、、

またひとつ、課題ができました。

つづく

* ::**::*::**::*
なかはししのぶWeb Site
grand jeté
http://legrandjete.web.fc2.com/
posted by shinobu at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のキヲク*巴里編* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

はじめてのひとり暮らし*パリ生活スタートの合図*

私がはじめてパリに訪れたのは1991年のこと。
はじめての海外でなおかつ旅行ツアーだったので、
細かいことはあまり覚えていないけど
今よりはかなり不便な街だったと思います。

そして、その後訪れたパリは1999年のことでした。
その時は、2週間という短い期間でしたが、はじめて一人で行ったパリ。
さらに、フランス人家庭にホームステイをしました。
朝食と夕食付の生活だったので、
スーパーにお世話になる機会もあまりなかったけど
普段飲むミネラルウォーターぐらいの買い出しはよくしました。
あの頃は、18時ぐらいに閉まるスーパーは当たり前で、
ちょっと観光に夢中になっていると
買い出しができないなんてよくありましたね。

余談だけど、きっとお客様天国の日本では考えられない想い出がひとつ。

ホームステイ先の近所にあったスーパーでの出来事なんだけど、
閉店時間に合わせて出先から戻ったはずが、
かなりギリギリの時間になってしまして
お店にインしたのは確かお店閉店時間の10分ぐらい前。
こちらでの感覚だと、
閉店時間までにひとまず入店してしまえばこっちのもの。
ゆっくり商品の品定めはできないにしても、
買い物はできると思っていた、、、。
そもそも、この考えが間違っていたみたい、、、

閉店5分ぐらい前になったら店員さんが店の奥から閉店の告知をしつつ、
照明をひとつずつ消しながら、商品棚の前に鎮座する客を
「ほら、閉店だ、はようレジに向かえ」とばかりに追い払う。
それがなかなか力が入っていてね、ロクに買い物もできずに
店の外に追い出されたのを覚えています。
その後、誰かに聞いたのだけど、パリでお店の閉店時間は、
お店を閉める時間ではなく、店員が帰る時間だとか、、、。
さすがにこれは言い過ぎじゃない?って思うけどね、
さながらウソっぽくもないのがパリなんだよね。

そんな記憶があったせいか2007年に
はじめてひとりパリ生活をしようとした時
この辺りが不便さを感じるのかな?って思っていました。
日本で生活をしていると都会でも田舎でも
24時間営業の大手コンビは、当たり前のようにあるし
あっ、アイスが食べたいって深夜に急に思いついても
その欲求って我慢する必要がないでしょ、、、。
でもね、パリって街はそれが許されない所なんだよね。(笑)

でも、街って生きているのですね〜
最近のパリは街中の至る所にスーパーができて、
さらに夜遅くまで営業しているんです。
さすがに日曜営業休みは変わらないでいたけど、
夜遅くまで営業してくれていれば、
食料不足で飢え死にすることはなくなりますよね。
アパルトマンの近所にそんなスーパーを見つけて、
まずは安心したのを覚えています。

これ以来、渡仏の際は土曜や日曜の現地着は避けて、
部屋に到着して、簡単に荷物を解いた後は
まず、近所のスーパーの所在と営業時間をチェックして、
下見を兼ねてお買い物に行くのが私の習慣。
パリ生活スタートの合図になっています。

つづく

* ::**::*::**::*
なかはししのぶWeb Site
grand jeté
http://legrandjete.web.fc2.com/
posted by shinobu at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のキヲク*巴里編* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

はじめてのひとり暮らし*パリ編*

これまで3回、パリで部屋を借りてひとり暮らしをしてきました。
これから時々、パリ生活の想い出や出来事を整理するために
備忘録的に綴っていこうと思います。
一緒にお付き合いいただけると嬉しいです♪

2007年1月 突然思い立ってパリへと飛び立ちました。
この慎重な私がなぜ、急にパリ行きを決意したかというと
ちょうどこの頃、自他共に認めるプー太郎でして
単に時間を持て余していたからです。

プー太郎だったので、両親の手前「パリに行きたい」なんて言えず
「だったら早く働け!」って言われそうで、、、(笑)
我慢していたのですが、毎日、毎日、家でゴロゴロしている
私にきっと嫌気を指したのだと思うけど
ある日母が「仕事しないで、家にいるなら、パリにでも行けばっ!」と
半ば吐き捨てる感じで宣うたのでした。

私は、両親の手前言い出せないでいただけなので、
これ幸いと「じゃぁ!パリに行かせていただきます」と即答し
いつ出発しようかとか、一人旅をどうしたら安く行って来れるか?
とインターネットを相手に検索しまくって、「パリにちょっと住んでみよう」
計画を立てた次第です。

友達はよく私を「行動力がある」とか「大胆な行動にでる」とか形容しますが
実は、どっこい、かなりの慎重派&小心者。
私をポジティブと言う人もかなりいるけど、根はネガティブ系、、、(笑)
考えれば、考えるほど、ネガティブ思考に走るので
結局そんな自分に嫌気を指して、「どうせ、なるようになるさっ!」
って最後はなるのがいつものパターンだったりします。
ついでに言うと、パリ行きの一週間ぐらい前から、マリッジブルーならぬ
トラベルブルーになるのは毎度のこと。笑ってやってくださいまし、、、

この時も勢いだけで、気がつけばパリ行きのチケットと
アパルトマンの手配をしていました。
だけど本当に、パリで日本にいる時のように生活が成り立つのかな?って
想像すらできませんでした。
パリを一体どんな街と想像していたんでしょうね?(笑)
未開の地でもあるまいに、、、(笑)

結局日程の方も、もちろんそれまで一生懸命働いて貯めたお金で行くのだけど
帰国後のことを考えると、貯金を使い果たすまで冒険はできず
一人暮らしの経験がない私には、知り合いのいない他所の街で
どれぐらいひとりで過ごせるのか?も想像がつかず
一ヶ月より少し少ないぐらいの日程で行くことにしました。

つづく


* ::**::*::**::*
なかはししのぶWeb Site
grand jeté
http://legrandjete.web.fc2.com/
posted by shinobu at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のキヲク*巴里編* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。